スポンサーサイト

  • 2011.03.27 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


FF12ZJS 友人と雨降りギーザ

魔法の魅力は幅広い。
だが何よりも身一つ、己が精神力だけで超常現象を呼び起こし奇跡を行使する、ここに自分は惹かれている。大げさな武器を振り回す必要もなければ、かさばるアイテムを持ち歩く必要も無い。
あとFFの魔法は特に好きだ。体系化された魔法群の中で様々な魔道士が存在するあの世界が好きだ。ぶっちゃけ魔法が好きだ。

というこの魔法の素晴らしさを友人Sに伝えるべく始めたFF12ZJS。
進度はゲートクリスタルを使わず、90分かけてワイバーンロードを倒したところ(ラバナスタから徒歩でオグル・エンサとナム・エンサを越え、レイスウォール手前でモブを討伐し、休まず徒歩で戻って来た)。
モブ討伐を報告し、ラバナスタでセーブしたところで終わっていた。

友人Sにコントローラーを託し傍観。
まだいったことのない雨季のギーザ平原へ向かった。
モンスターがゴミの様に散っていく。なによりヴァンのドレインをはじめとする魔法が恐ろしい威力。
次の目的地は、ガリフの里ジャハラだ。

寄り道をするのが自分のプレイスタイル。友人Sも同じだった。
というわけでオズモーネ平原でまったりしたあと、ゴルモア大森林に足を伸ばしてみた。
モルボルがヴァンのエアロ一発で死んだ。

FF12 クポ

モブを無事討伐、依頼人への報告完了。
もちろんピリカの日記は読まずに渡してあげた。
クリオ技店で癒された。モーグリって何だ。なんなんだあの可愛さは。
ノノがスパナを放り投げている様が最高にかわいい。
ラバナスタに帰還。
次はワイバーンだ。正直遠くてやる気が出ない。いやしかし、珍しくも気のいい帝国兵を、ラバナスタを見捨てるわけには。
あー、イヴァリースにもユトランドのような派遣あったらいいのにな。
とりあえず雑事がたまっているので、いったん中断。

JUGEMテーマ:ゲーム

FF12 レッツモブハント

ラバナスタへと帰還したヴァンたち。次の目的地はガリフの地ジャハラ。
というわけで、ここでモブ狩り。
まずはレイスをたたきのめし、続いてビュエルバでの依頼を受けるため飛空挺で空中大陸へ飛ぶ。
もちろんザイテンなんて出なかった。一度目だしな、仕方ない。全然仕方ない。
次なる獲物はニーズヘッグとロックタイタス。

JUGEMテーマ:ゲーム

FF12 第8艦隊消滅

暁の断片を手に入れた某国の王女は、そして家族を亡くした少年は、王墓の奥でひとりの幻を見る。
しかし王墓を出た彼らは帝国軍の第8艦隊に囲まれ、やむなく暁の断片を彼らに手渡す。屈辱と怒りと失望に、唇をかみしめるアーシェだったが、その時フランの身に異変が起こる。破魔石が引き起こす巨大なエネルギーにあてられ暴走した彼女を筆頭に、手枷を外し自由の空へ逃げようとする空賊たち。
このウォースラまで連戦。途中のゲートクリスタルは使えないため。
とはいえヴァンとパンネロの範囲攻撃のおかげで御供は一掃、ウォースラがリフレクを使った後はバッシュとアーシェとバルフレアの3人で叩き潰す。
リヴァイアサン艦隊を全滅させた破魔石を再び手中におさめ、彼らはラバナスタへと戻る…。
あああやっとセーブができる。疲れたなあ。それでも高速モードがあるおかげで無印よりは楽だ。

JUGEMテーマ:ゲーム

FF12 はじめての召喚ライセンス

レイスウォールで謎を解きながら、はたまたトレジャーを回収しながら、王墓の中を進む一行。
彼らの行く手に立ちふさがるは魔人ベリアス、聖域の番人として神たる存在に創り出されながらも、失敗作と位置付けられてその存在意義を失い、反乱すら抑圧され封じられた異形者。
…む、意外とかわいそうだな、ベリアス…。あれだな、クラウドとクジャをごちゃまぜにした感じだな。
というわけで挑むは短期決戦、さすがにファイジャを何発も食らうとまずい(魔道士が多いので対魔法耐性は低くはないが、そういう問題ではない)。というわけで輝くのはやはりヴァン、弱点属性をついた魔法を連発する。弓使いアーシェと赤魔戦士パンネロがアイテムや白魔法で援護しつつ、ウォースラの手も借りて一気に撃破。
召喚ライセンスを授かった。
だれの橋渡しにもならない。正直ちょっとがっかりした。

JUGEMテーマ:ゲーム

FF12 (奥)→砂漠→リターン

デモンズウォール(奥)をアクアとダークで撃破し、一行はセーブしにナム・エンサの砂魚たちのみぎわまで戻る。エスケープかつ高速モードであっという間だ。インタ最高。
そしてまた王墓まで戻ってきた。これみよがしにゲートクリスタルは美しい輝きを放っている。なんだこれむかつく。
再びレイスウォール王墓へ。もう二度と戻りたくないのでここで一気にクリアする。

JUGEMテーマ:ゲーム

FF12 (手前)

かくも壮大なかの王墓に足を踏み入れたまことの王族、覇王の血ひくアーシェとそれにつき従う墓荒らし御一行、はじめに相対するは命持たぬ生きた壁。いざ侵入者を圧殺せんと迫りくるデモンズウォール、戦うにしても逃げるにしても時間は限られている、さあ決断を。
戦う。戦います。もちろんやってやろうではないか!
パーティーは最大限の攻撃を繰り出せるメンバー、黒魔道士ヴァン、赤魔戦士パンネロ、弓使いアーシェ、復活したウォースラ。ヴァンとパンネロがひたすらにアクアとダークを連発し、アーシェが狂ったように弓を射て、リーダーとして操作するウォースラで特攻。
これで倒せればよし、駄目でもその程度によってはリフレクエアロ+ダークの戦法で道を切り開くことが可能だろう。負けたらガルーダを適当に瞬殺するところからやり直し、被害は大きくはない。
というわけで実際にやってみた。
残り1mといったところで勝った。もうだめかと思った。刹那の差で削りきった。最後は後ろの壁に追いつめられたおかげで、リーダーたるウォースラの背後にカメラを回すことが不可能になり(ウォースラと後ろの壁の間にカメラを入れる隙間すらなかった)、カメラがウォースラの横にしか入らない状況だった故、おそらく非常にぎりぎりであったと思われる。
(手前)倒せれば(奥)など赤子の手をひねるよりも簡単に倒せるはずだ。ノーセーブで次へ。

JUGEMテーマ:ゲーム

FF12 ガルーダ弱っ

弱っ。
ガルーダ弱っ。
バッシュの棒とアーシェの弓で瞬殺。イシクロ使う暇すらなかった。弱っ。
とはいえガルーダのこの弱さは、多少拍子抜けする面は確かにあるが、しかし好都合でもある。万一このあとゲームオーバーの憂き目を見ても、ガルーダ戦をまったき苦労の片鱗も見ることなく抜けられるというならば精神的に楽である。
旅の商人から必要な品々を買い求め、いよいよレイスウォール王墓へ突入。

JUGEMテーマ:ゲーム

FF12 ナム・エンサを抜けて

オグル・エンサを抜けたら次はナム・エンサ。
巨大な亀を見ると頭を縛りたくなるのは悪い癖だ。本当に悪い癖だ。ここを見ているかもしれない友人に言っておく。樹海では時にはアレな決断も必要だ。亀の頭はしばるものだ。全裸の姫君が出てきたら、全身縛って悦に浸れ。ゴーレムは首討ちかジエンドで即死させろ!
というわけでイシクロの実を入手、再び砂漠の探検に戻る。ワイバーンは依頼をまだ受けていないのでモブ戦はなし。無駄な危険は冒したくないのだ、なぜなら今から行くレイスウォール王墓には、ゲートクリスタルしかない。リージョン別に並べようと思っている自分にとってレイスウォールのゲートクリスタルに触れるというのは禁忌、つまり、まともにやったらセーブ不可。
ストーリー進行上で王墓に入る際セーブ、いざガルーダ戦。

JUGEMテーマ:ゲーム

FF12 オグル・エンサを抜けて

戦艦リヴァイアサンから戻ってきた6人、王族誘拐犯の飛空挺でレイスウォール王墓を目指すべく、砂漠を越えることに。
まずはオグル・エンサ、ちょっとトマトを狩って金稼ぎ。
風の弱い天候ならアーシェの弓とバルフレアのボウガンが冴えわたるので、ウルタンエンサを片端から駆逐。
ウォースラを戦闘不能にして、モンクのバッシュをリーダーに時空魔戦士のバルフレア、場合により白魔道士のフランか弓使いのアーシェで一気に進む。バッシュ・バルフレア・アーシェはガンビットに魔法をセットしていないので、精霊さんの出るマップではこの3人。
それにしても、アーシェのHPが誰よりも高いのはどういうことだろう。

JUGEMテーマ:ゲーム


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM