スポンサーサイト

  • 2011.03.27 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


世界樹3 クリア!

自分は過眠症であり、なかなか朝早く起きることは難しい。
しかしながら今学期の授業は午前中のものも多く取り入れ、できるだけ生活リズムを是正できるように工夫をしてみた。今のところそれはなんとか成功しており、今期はなかなか浴びる機会の無い午前の太陽の洗礼を受けつつも、すがすがしい朝の空気に酔いしれている。
そんな今期の目標は「徹ゲーをなくす」だったのだが……

さっそくやってしまった。徹夜で世界樹3をクリアした
ちなみに初回は深都ルートだった。いくつもの事実を後出しにしつつ強硬に先に進もうとする海都の連中があまりにも信用ならなかったことと、深都の音楽のほうが好みだったことで、深都のほうが好みだと判断したためだ。
一歩、ミッションを受けるのが遅れていたら、真に入るか入らないかといったところだったが……危ない危ない。
クリアパーティは号令プリンス・剣ウォリ・回復モンク、含針サポートシノビ、氷ゾディだった。
そこそこオーソドックスなパーティーを組んだためか、あまり苦戦することなく進んでいくことができたが、ラスボスはつらかった。買いこんだ回復アイテムがほとんど消えた。つーか、クジュラさんは、どうしてあんなに体力が高いんだ。
そしてそれよりつらかったのが、「頭縛り」ができないという点だ。敵の雷系の攻撃がつらすぎた。雑魚があまりにもしんどかった。途中からFF4ばりのガン逃げになった。
こんなんで大丈夫なのかよ、と、思わないでもないが、2週目いく前に、まずは新たに出現した階層を踏破していくぞ!!

しかし、本当によくできたゲームだというか、プレイしていてめちゃくちゃ楽しいな、これ。ひとつのクラスにも複数の型があり、それらを組み合わせるパーティの構成はまさに無限だ。それはこれまでのシリーズでも同じことだったが、今作ではさらに周回可能というシステムが、「新たなパーティでやり直したい」というモチベーションをさらに高く保つことができる。ような気がする。
クラスも前作から一新されていたのがやや不安だったが、それぞれに個性が出ていていい感じだ。と思う。
……ようするにだ、まだこのゲームのすべてを把握する段階に全く達していないから、偉そうなこと全然書けないのだが、とりあえず一言

深都の宿屋の子がいれば生きていける

まだまだ倒すべき敵は山ほどいる。冒険はまだまだ終わらないぜ!

すっきり

今日は髪を切りに行った。
いい加減、長く延び過ぎていたのを、豪快にばさっと切った。うむ、やはり、無駄に長いより、すっきり短いほうが楽だ。

で、世界樹の迷宮III。実は、あんまり進んでいない。ディシディアにエルミ2、PCの五つの試練に、ごーたんのDLゲーと、やりたいゲームがたくさんあるためだ。
現在は、どちらのミッションを受けるか決断したところ。
……自分としては、これまでに散々情報を出し惜しみしたうえ、強引なやり口でこちらの意向を無視し事を進める元老院よりも、深都の人々のほうが好みだ。深都のことは他言無用という約束を破ってしまったにも関わらず、王は「卿らを信じている」と言ってくれた。「協力してくれて助かってる」よりも、ずっと好感が持てる。信用できるとか、できないとかの問題ではなく、ただ、好きなほうに肩入れしようというだけだ。深都の宿屋の女の子、かわいいしな!
で、ゲートキーパー護りに行ったら、その護る対象に瞬時に蹴散らかされて、終わった。
……むろん、こういうときはまず何度か挑戦して、対策と攻略法を確立するべきなのだが、ちょっと海に逃げたくなった。まだ終わらせていないクエストも多いから、とりあえず、まずそれを達成することにした。

まず、航海クエストでジョリーロジャーを入手したヒュプノスが無双をはじめた。リーダーがすげぇ輝いてる。
それから、今回のゴーレムは弱かった。リセットウェポン使いつつ必死に回復と雷の星術使っていたら、意外にも初見でなんとかなった。だいぶゴーレム狩るのも慣れてきたってことか。まあ、もう3作目だしなあ。

そろそろまた、ゲートキーパーに挑戦しに行くか……。
あとあれだ、クジュラのことはいつか絶対ぶちのめす。

ギルド名は「全知」……らしい

さて、ここで、我らがギルド「オムニシエンス」の紹介だ!

【前衛】
 ヒュプノス(プリンス)
攻撃の号令マスターレベルを筆頭に、防御&予防の号令や三色アームズ、リセット、リニュー、クイックでパーティの援護ができる。回復系統のスキルはリニューを除いて取得していない。主な行動は、必殺陣形を乗せたレイピアでの突属性通常攻撃。
 フーリン(ウォリアー)
斬属性攻撃に長けた剣使い。常在戦場と剣マスタリーをマスターし、主に通常攻撃で戦う。強敵には突撃陣形を乗せたスキルで対抗。その火力はパーティ内でも随一。
地味にサブファーマースキル(収穫マスター)でもパーティに貢献。どうやら農家の出のようだ。
 アナト(モンク子)
練気の法をマスターしており、豊富な回復手段でパーティの核になる。……はずだったが、強力な槌を振り回す極悪壊攻撃使いに成長。実際回復スキル以外に手は出していないのだが、なにこの攻撃力。たぶん戒律は「悪」だろう。
【後衛】
 すみぞめ(シノビ子)
短剣技の鷹乃羽での超火力担当。マスターした含針での眠り付与の援護も便利。誰よりも早く動くので戦術の核となる。
サブは迷った末モンクに決定。別に煙で消費TP減らしてウマーとかは考えていない。いつか、鷹乃羽を捨てて首切りとサブモンクの拳マスタリーを極め、素手で首を刎ねることが夢。
 ニュクス(ゾディ子)
エーテルマスターを極めており、三色の星術で敵の弱点を突きつつ条件ドロップをもぎとっていく火力担当。氷の星術が最も得意。近々特異点定理を取りたいと考えている。
サブはプリンセス。リニューと予防だけでも取りたいと思うのだが、予定は未定である。

メンバーの名前を何処から取ったかは……まあ、わかりやすいといえば、わかりやすいな。あ、ただ、別にニュクスとヒュプノスに血縁関係はないぞ。たぶん。
ちなみに、ギルド名は両手棍のWSからとりました。使ったことねぇけどな!
船の名前はウンディーネ。航海の安全を水の精霊に祈っています。

というか、一応ヒュプノスがリーダーで、PTの指揮・援護という重大な役割を担っているはずなのだが、この天然リーダー、戦闘では真っ先にレイピアで敵陣に突っ込んでいくから困る。地味に強いから更に困る。
フーリンは攻めるしか能がないし、アナトも、味方を回復するより、凶悪な威力の槌をぶん回して敵を撲殺するほうが好みだ。すみぞめは毎ターンのはじめに鷹乃羽の超火力を敵に浴びせ、ニュクスは持ち前の占星術で気持ち悪い属性ダメージを叩きだす。もちろん、突撃陣形や必殺陣形でこれらの攻撃の威力は大幅に上がる。
たぶん、ギルド・オムニシエンスのポリシーはこれだろう。「やられる前にやれ」!
ところでゾディアックのメテオも、突撃陣形乗るんだろうか。

しかし結局防御よりも攻撃を重視する形になるのは、これは、どうもやはりプレイヤーが悪いらしい。だってディシディアで対人やるたびに相手の方が「男らしいクジャだ……」と唸るのだ。自分は普通に、本当に普通にやっているつもりなのだが、攻めすぎる。
だが、しかし。クジャでスパアマガーランドに特攻しかける快感といったら、もはや筆舌に尽くしがたいものだ。どうしてこれが伝わらないのだろう。たつまきにスナブロを合わせ、ガーランドを引きずり出してたつまきごと至近距離でぶっ飛ばす、ほのおをギリギリでよけながら突っ込んで硬直にバーストエナジー合わせて怯ませる、ストライクエナジーとバルディッシュでぶつかりあう、お互いにブレイブダメージを与えつつもスパアマ「砕けぇい!」喰らって地面にたたきつけられる、うっかりHPもらっちゃってバーストまで持ち込まれる、そのすべてが!いずれも得難い幸福であり、悦楽であり、まさに至上の楽しみと言えると思うのだが、どうか。特に生対戦でやってると、とてもとても盛り上がること間違いなしだ。
まあ、さすがに、セフィ使うときはもう少し距離を離すべきだ、とは、最近思うが……。セフィロスって、本人は何も考えていないのだが、プレイヤーのほうは意外と、攻めるのにいろいろ考えるんだよなあ。スコールのビーファンでブレイクされたとき、クジャだったら「取られたら取り返す!」と躊躇なく逆襲フリーエアダッシュからジャンプとバーエナとストライクとフレアスターの攻めに持っていけるが、セフィロスだと、間合いとか、距離とか、天照と獄門どちらで攻めるかとか、いろいろと頭を使う。……難しい。
一番始末に負えないのは、皇帝でも思わずガン攻めに走ってしまうことだ。……だが、生だと、どうしても、テンションあがってしまうんだよなあ。

ところで、ディシディアを通じて仲良くなった方に、ゲームブックドラゴンクエストII(エニックス版)を貸して頂いた。
さっそくプレイしよう。ゲームブックというのはすばらしいもので人類の叡智であるとさえ思うのだが、同年代の友人たちには全く話が通じずこれまで寂しい思いをしていたのだ。
ちょっとカインやナナと世界救ってくる。

あれ、なんの話だったっけ。
航海は楽しいなあという話だったか。
そうそう、ついに泥中より迫る者を斃したんだ!この調子でどんどん行くぜ!

SQ3

さーて、昨日フラゲした世界樹3、さっそく昨日からプレイを開始……
……することは、もちろん、できなかったわけだが。名前考えるだけで1日飛んだためだ。

ともかく、我らギルド「オムニシエンス」は、

ヒュプノス 黒長髪プリンス
フーリン 橙髪ウォリ(剣)
アナト 黒髪モンク姉
すみぞめ 黒髪シノビ姉
ニュクス 紫髪ゾディ子

の5人で樹海の探索を開始した!今回は脳内妄想全開のオリキャラだ!……まあ、プレイ中に恥ずかしい妄想をしているのは、オリキャラも版権キャラも変わらぬのだが。
とりあえずアリアドネ解禁するくらいまでは金や経験値を分散させたくないのでこの5人でやるが、残りの職業(5人)もすぐに作成して、みな平等に使っていくつもりだ。ファマが気になる。あの、ふわふわの羊のぬいぬいが!
育成方針は全く固めず、その場のノリと根性と休養でカバーしていくぞ。
……ヒュプがさっそく攻撃力上昇に狙いを絞っている辺り、だいたい自分のキャラがどうなるかはわかる。

現在はひとまず、B1マッピング中。
DSソフトを起動するのはかなり久々なのだが、うーむ、このソフトは相変わらずDSの長所をフルに使った楽しいゲームだなあ。グラも本当に綺麗だ。しわあせ。

1

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM