スポンサーサイト

  • 2011.03.27 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ドMの心境を文章にしたら悲しいことになった。

ゼミの仲間たちと夕飯食ってたら自転車停めてた棟の門がいつの間にか閉まっていて電車で帰る羽目になった。今日はもう遅いから、リコとは遊べそうにない。仕方ない、一人寂しくクジャの指遣いのイメトレと行こう…。

で、そんなことはどうでもいいんだ!

いよいよ方々に情報が来ているぞ、黄金の絆!自分はどうやら残念ながら発売日購入になりそうなんだが、いやあスンバラシイゲームのようでなによりだ!これはますます期待が高まってしまうぜ!
まあ、ジャレコのことは実際かなり心配なんだが、とにかく早くやりたい!絆欲しい!すっごくほしい!!
とにかく自分の中のなにかの血がさわいでいる。こういうときにどうしても自分はマゾヒストだなぁと思ってしまうんだが、でもこういう趣味(性癖?)なんだから仕方ない。素敵なゲームが世に出ると、こういうことが結構あるんだ。要するにこうやって、自分から明らかにそこはヤバいだろみたいな地雷地帯に突撃して、ガンガン攻撃受けているにも関わらず、「ああっ!もっと打ちのめしておくれ!」みたいなテンションになる。それがなぜか気持ちいい。実際ダメージは食らってるし、HPもどんどん減っているはずなんだが、しだいにそれが快感になってくる。……あまつさえ、そうやって苦痛に耐えてる自分に酔い出すと末期だな。
ちなみに、こういう無益すぎるSMプレイを続けていると、ひどいナルシストになるからやめたほうがいい。経験者である自分が言うんだから間違いはない。そんな自分はもはや手遅れであることも自覚しているから、もはやなにも気にすることなく、全力で突っ走っているわけだが。
で、ついでにいうと自分は、「クリアした時の開放感を得たい」というよりは、ただ純粋に、「その行為を甘んじて受けたい」派だ。なぜか自分はダメージを受けると気持ち良くなる。絶望を贈られると興奮する。その行為がまごうことなき苦痛であり、それを続けることが本ッ当に辛いとしても、なぜかその苦痛は絶対的な快感を伴って襲ってくる。肉体的・精神的な余裕がなくなってくればくるほどそれは強くなるし、限界に近付くほど逆に燃え上がってしまう。
ちょっと残った理性が、この思考回路はやばいとか、さすがにこれは残念な人すぎるとか、いろいろ考えることはあるんだが、そういうのがまた倒錯的なスパイスになって……なぁ?
しまいにはカメラ酔いなんかの直接的なダメージでさえ強い快感に変換されて、苦痛と快楽の狭間で、「感じさせておくれよ!!」
……と、なるわけだ。
このゲームも結構酔うようなので、心から期待している。

……………変態でごめんなさい

とにかく、ここ最近はそういう感覚とは御無沙汰だったから、いや、本当に楽しみだ。
早く遊びたい。そして打ちのめしてくれ……感じさせてくれ……ジャレコの力を見せてくれ……っ!!はぁはぁ……。


本当に惜しいのが、自分は30日から田舎に帰らねばならず、よって2日間程度しかまともに遊べないということであるのだが、まあそこは諦めるしかあるまい。向こうでは携帯機のKHでたくさん遊ぼう。
更に問題なのが「売るタイミングを完全に逃す」ってことであるが、別にそれは構わない、たまには金を溝に捨てたっていいじゃないか。フフフ……アハハハハッ!!!わくわくわくわく。早くプレイしたいなあ。

スポンサーサイト

  • 2011.03.27 Sunday
  • 23:16
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM