スポンサーサイト

  • 2011.03.27 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


DQ7 ルーメン1

新たに完成した石版で訪れた世界には、ルーメンという町があった。
しかし町に入るなり、ベビーゴイルに襲われる。
どうやらこの町はボルンガなる首領のもと、完全に魔物に制圧されてしまっていた。おまけに、封印された世界特有の重く陰鬱な空気が一行を包みこむ。井戸の中に身をひそめながら神への信仰を守り抜くシスターの話によると、闇のドラゴンが羽ばたいた時、空に闇の戸張が生まれ、町は暗闇に閉ざされたのだという。
闇の封印がこの地を包む前に町を襲ったらしいヘルバオムという名前や、旅の扉から町へと歩く道すがらの小高い丘で発見した、枯れかけて不気味な悪臭を放つ植物のようなものも気になったが、今は魔物を倒し、この街に安穏を取り戻すことが先決であろう。
町で最も裕福そうな男性の家を占領していた魔物たちを追い払うべく、攻勢をかけるリム一行。

マリベル「ふん。あんまり
  かしこそうな 顔してないわね。
  でも こういうのに限って
  チカラは 強いんだから
  気を抜いちゃダメよ。
ガボ「よっしゃー!
  オイラ メシ前の 運動に
  はりきって いくぞー!
メルビン「やはり こいつを 倒さねば
  闇のドラゴンのいる塔に 入ることは
  できないようで ござるぞ。

風呂あがりのボルンガは別に強くはない。物理攻撃がちょっと痛いので、守備力をあげておくと安心、って程度だ。
魔物を追い払ったことで、男はまた自分の家で暮らす事ができると喜んでリムたちに礼を言った。ただ、一階でひたすらようすをうかがっている爆弾岩はそのままだったが。

ボルンガを倒して得た鍵を使い、この地を封印している元凶である闇のドラゴンが巣食う、ルーメンの西の塔に潜入。
最上階にて、目的のドラゴンを見いだした。ちょっとドット絵がしょぼいとか言ってはいけない。恐ろしい声を響かせてルーメンの人々を恐怖に陥れていたこのドラゴンは、どうやら魔物たちにも手がつけられないほど凶暴化しており、このままでは大陸自体が吹き飛びかねないらしい。
お供のベビーゴイルを2匹片付けた後、連戦で闇のドラゴンとの戦いになる。

マリベル「こ こいつが……
  闇の…ドラゴン!?
ガボ「くわーっ!
  めちゃめちゃ 強そうだぞ!
メルビン「この ドラゴンこそが
  人々から 光を奪った
  張本人で ござるな。
  リムどの!
  何が何でも こやつを 倒さねば
  町に光が 戻って来ないでござる!

まずはなにがなくともフバーハだ。息攻撃がキツすぎる。
リムがルカニで守備力を下げ、マリベルがドラゴン斬りやはやぶさ斬りで削る。
闇のドラゴンを打ち倒すと、封印が解き放たれ、闇の戸張が消えた。周囲が次第に明るくなる!天から神々しい、さんざめく陽光が降り注ぐ。
ルーメンに戻ると、町は活気を取り戻していた。事情を察した人間はリムたちを称え、礼を言う。この町に平和が戻ったのだ!
井戸の底に隠れていた一匹も駆逐した。心地よい達成感に包まれながら、光さす空を見上げ、思う。この町は、この石版世界はこれで救われた。さあ、現代世界に戻り、新たな旅に出発しよう!と。

スポンサーサイト

  • 2011.03.27 Sunday
  • 03:20
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM