スポンサーサイト

  • 2011.03.27 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


皇帝のSS撮ってみた

 さて!
 皇帝陛下のSS集、まとめてアップできたぞー!
 だいぶ魔法の扱いにも慣れてきたように思う。いくつかのテクニックも習得してきた。これからももっともっと撮影技術を磨いていきたいところだ。

 ところで皇帝は、魔法エフェクトは本当に綺麗なのだが、なかなかSSを綺麗に撮影するのは難しい子だと思う。
 皇帝を対人で使っていると、どうしても立てこもる場所が限定されてしまう。皇帝のフィールドは罠を配置しやすい――金平糖を撒きやすかったり、ひかもんの跳弾を利用しやすかったり、発生保証かみもんを出せたりする――場所がなので、うちの皇帝の対人リプレイを見ると、だいたいいつも同じ場所で戦っている。新鮮さがないんだ!パンデモニウムならデジョンの奥の通路の角の高台にずっといる。あそこが戦いやすいのだからあそこに立てこもることになるのは仕方ないが、でも、例えばフリオと戦うならば、そう!ムービーで宿敵と向かい合ったあの坂の先の小部屋とか、せっかくだからあのへんで戦ってみたいじゃないか。
 まあ、長い間クジャを追いまわした結果、「人物・背景の特定のポリゴンを欠けさせる」という技術をなんとなくとはいえ身につけることができたから(おかげで各キャラの尻もうなじも腋も撮り放題になった……そんなつもりじゃなかったのに)、閉所でポリゴンを欠けさせた撮影は得意と言えば得意なのだが、それでもたまにはもっとこう、のびのびした場所で写真を撮ってあげたいものだ。
 あと、「勝ちを狙った戦い」と「いいSSになる戦い」が真逆であることも地味に困る。
 次元城や月の渓谷の地面にかみもんを「埋め込む」戦いは、発生保証的な意味では戦略上非常に重要な意味を持つが、絵的には最低だ。せっかくだしたかみもんが見えないってことは、エフェクトをアクセントにできないということ。ただでさえ皇帝は動きに疾走感がなく、魔法や剣の軌跡をも利用できない子なのに、これで魔法エフェクトを「自分で」隠してくれるのだからたまったものではない。
 クジャなら本気で勝ちにいったとき、トランスのオートマジックにHP魔法のエフェクト、フェイントをかけたグライドの動きにブレイブ攻撃の軌跡と、自身を盛り上げてくれる素材が山ほど出てくるのに、皇帝は勝ちを狙えば狙うほどそういう美しさから遠ざかる。敵に見えぬように罠をはりめぐらせ、華麗に敵を倒す皇帝の戦いは、かっこいいといえばかっこいいが、彼の戦いは流れるような罠と追撃の連鎖の美しさに真骨頂があるのであって(そもそもうちの皇帝はそんなにうまいこといかないけども!)、そのたったワンシーンを静止画にして切り取るのでは、どうしたって良い絵にならぬのだ――だってかみもん見えないんだぜ?
 だが対人と対CPUでは動きが違って、対人のほうが、マティはずっと生き生きしている。皇帝の場合対CPUがザルすぎるというのも理由の一つにはあるだろうが、つまり、やっぱりSSを撮るなら対人戦のリプレイでやるのがいいんだ。

 とにかく、それならそれで、余計にやる気も出るというもの。見てろよ皇帝、いつかおまえの魔法陣と発光エフェクト使いこなして、完璧に計算しつくしたおまえの最高の一枚を撮ってやるからな!

 ……とりあえず今日は寝ようか。

スポンサーサイト

  • 2011.03.27 Sunday
  • 04:29
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM