スポンサーサイト

  • 2011.03.27 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ぱしゃぱしゃ

 レポートが終わりだいぶ暇になったので、ひたすらデュオデシムのプロログスをやっている。ディシディアプレイヤーのかたがたが、キャラ性能や立ち回りについてまじめな考察を続けていらっしゃる中、自分はSS撮影に関しての構想やエフェクト分解などのメモをルーズリーフにがっつりまとめる作業を始めてしまった。だんだんツイートの中身もSSに関する事ばかりになってきたし、頭の中はライトニングの薔薇とユウナの魔法陣でいっぱいになってきた。
 というわけで、試しにSS撮影に向けての衝動的なツイートをいったんここにまとめてみたいと思う。千里の道も一歩から、ちょっとずつだけど練習やイメージトレーニングを繰り返して、うまくなりたいんだ。よし、コピペするぞー。

・アシスト召喚・帰還エフェクトに合わせてフリエアしたらきっとかっこいい
・閃光のHPヒットエフェクトの欠片部分はEXリベンジしたらきっとすばらしい輝きを放つと思うのでクジャに合わせてぱしゃぱしゃしたい。だんだんマニアックになってきた(^p^)クジャたんぱしゃぱしゃちゅっちゅ
・あと3Pがーさんに合いそうな技は一から考え直しだ。発光属性をかけづらいぶん好き勝手できそうで(*´Д`)3Pがーさんかわいいようハァハァ
・あああアナマティちゃんの胸に真っ赤な薔薇を咲かせたいよおおおお
・マジレスするとやっぱりがーさんに一番合うのはカオスちゃんとのツーショットであると思うので、今回がーさんカオスのスパアマでどちらがラスボスかわからなくなるような大暴れしているところをかわいらしくぱしゃぱしゃしてあげられるかもしれないと思っただけで幸せになってしまう。
・……サードマティでブレイクショットなんて、想像するだけで……血が沸くな
・今一番気になるのはユウナの魔法陣の向き。空中ひかもんのように縦に出るのか、それともかみもんやいんせきのように足元に横たわるのか。技によって変わる気がするが、イフィなんかは下にひけるものもあるんだろうか。皇帝のいんせきに合わせて魔法陣重ねて上から美しく撮りたい。
・デュオデシムが出たらまずはユウナの練習だ、とにかくあのエフェクトをノーロック使いこなして自在の位置に出せるようになりたい。相手の皇帝が喘いだ瞬間にイフィ越しにカメラ当てるとか、あるいはユウナのアシストにカオス子引っ張っておいて召喚獣とのツーショットとか……
・広角の中心でセフィロスの構え撮って左右でエフェクト・色を大胆に分けたセピア調なんてのはどうだろうか。あ、もちろんサードでお願いします。
・サード雲にはきっと真っ赤な薔薇がよく似合う。おっぱい
・ライトニングの薔薇を目当てにすると、やはり雷光斬をクジャに当てた瞬間にライトニング側でアシストを呼ぶのがベストだなあ。で、アシスト以外のモーションで撮りたいときはニングをアシストに呼ぶ、と。クジャの光源が便利すぎて困る。

 変 態 す ぎ ワ ロ タ

 自分で読み返すとこれはひどい……が、よし、ここにまとめたことをしっかりノートに書き記しておこう。あと新マップの把握、特にバハムートの段差を巧く使えば下からのアングルが非常に撮りやすくなる。月の渓谷と比べて背景が明るいのも特徴だから、光源属性のないエフェクトでも美しく撮れそうだ。
 狙っているクジャとマティのサードコスがいまだに、どういうわけかいまだに見られていないので、当面はこの二人のサードコスを狙いながらセフィロスハードを回していこうと思う。サードの色合いやふんわり感などは実際に自分の目で見ないとなんともいえない。画面で確認してはじめて、どういったエフェクトを被せていくのがいいか判断できるようになる。そうしながら実践を重ね、いろいろなエフェクトを見ながらSSの感覚をイメージできるよう修行していくぞ。

 今回のハードでは終盤のCPUの反応、判断力が厄介だという声もちらほら聴くが――
 無印のころから嬉々として魔導船に突っ込んでいた自分には、全く隙がなかった!!
 対CPUの腕ならそれなりに上位に位置している自信はあるのだ、あの鬼畜ガードや反応を回避するための小技もテクニックも、結構いろいろ持っている。無印魔導船にて、ガーランドはともかく(彼の場合釣りとスパアマで意外に楽ができる)、セフィロスで100連勝とか普通にやっていた経験は無駄にならなかった。居合い見てからガード余裕な連中に対して待たずに「攻め込んでいた」おかげで、報復無効化にブロック崩し、CPU限定コンボに壁抜けガードフレアに閃光狩りにと、とにかく攻め手搦め手は無限にあるんだ、うちのセフィロスの対CPUスキルなめんなよ!! 今回のCPUにはフリエアガードって思考回路が備わったおかげでフェイントが入るし、アシストがいるので虚空で釣った空ガードを雲に狩ってもらえるのがありがたい。回避狩り思考も加わっているから虚空を起点に裏をかいていける、閃光が優秀だからだいぶ楽ができる。硬直狩りは相変わらずゆるやかだからある程度は甘えていけるし、なによりCPUごとの個性が無印やUT以上に明確になっていて楽しめる。追撃だけ異常にしつこい子とかもいるからついつい攻撃をくらってみたくなる。
 こんなにもCPU戦が楽しいと、下手したら本当に対人引退してオフ専撮影家になる可能性もあるが、でも対人でしか撮れないSSの雰囲気と言うものもあるので、やっぱり努力は続けていかねばならないな。

スポンサーサイト

  • 2011.03.27 Sunday
  • 00:25
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
お久しぶりです!
デュオデシムの体験版が出たので自分もやってみました。
やっぱりディシディアは楽しいですね!
自分はみにみんさんみたいに上手くもこだわりとかもあまりないですが、ただFFのキャラを動かせて豪華な声優さん達の声を聞くだけでやってて幸せな気分になります。

今年は大学受験なので3月発売でほんとに良かったです゜・(ノД`)・ ゜
無印だったら12月でしたもん(笑)

これからも記事を楽しみにしてるのでいろいろと頑張ってくださいね!
  • キノ
  • 2011/01/22 10:40 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM