スポンサーサイト

  • 2011.03.27 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


検証作業なう

レポートとテストで死にそうになっている時に体験版がきて元気になった。
とりあえず、判定とだいたいのフレームとダメージ値と、アイテムとステータスといろいろメモを、って書いてたらクジャがきてくれたからボコってくる!
この子新カテゴリ装備結構装備できるっぽくて嬉しい。具体的には棒と鉢巻きと胸当て。この世界の胸当て装備すると防御力下がるとかすごい画期的

今年はジャンピング年

 今更ながら新年おめでとうイラストをアップデートしてみる。何年ぶりかで真面目に普通の絵を描いた。

 後輩に送りつけた年賀状である。コートの色、最初はもう一段濃いのを上塗りするつもりだったのだが、裏写りがひどくなるというアレな理由で断念した。塗り忘れどころか描き忘れまで普通にあるけどまあいいよな、セフィロスだし。
 ジャンピングかわいくて大好きなんだが、このうさぎは右利きで正しかっただろうか。というかうちのセフィロスはたぶん頭からっぽすぎてこのうさぎをモンスターだと認識していない。

GOD - DARK SIDE(タイトル)

 今日はサークルの後輩と一緒に、新宿エルタワーで開かれている天野氏の展示会に行ってきた。
 ふたりでのんびり絵画を鑑賞し、幸せな気持ちになって帰ってきた。展示会に行くたびにそうなるのだが、カオス側のあれ、あれの前で毎回えらく時間を消費してしまう。何度見てもカオス子たちがみんなかわいらしくて、カオスさまがかっこよくて、もうどうしようもない。コスモス側のは……えーと、うん。金ぴかでまぶしいな。
 そのあと二人でサイゼリアでおいしい外食。楽しかったなあ、めらんこ。

 で!
 今回はティーダとユウナのポスターをいただいてきた。前回はセフィロスのポストカードをお持ち帰りしたのだが、おともだちが増えてよかったと思う。ちょうどこの間、メンバーズのアルティメット特典であるライトニングのあれが届いたので、まとめて机の上に飾ってみた。

 右端の奴は、エルミナージュ1・PS2版の広告、ファミ通に載っていたやつだ。なんだかんだで結構貴重なページだと思う、大事に保管しているぞ。
 ライトニングとティーダユウナのあいだに、セフィがいるんだが、これ光ってて見えないな! まあいいや、セフィロスの写真なら、ディシディアでまともなやつからひどいやつまで、いっぱい撮ってやればいいわけだし。見つめていると本当に元気になるんだ、このポストカード。いつのまにか10分とか経っていてびっくりすることもままあるけども。

 部屋の片づけもひと段落したところで、今日はもう寝……いや、でも、もう少しエルミやりたいな。グレイセスもやりたいな。ディシディアもやりたいな。
 っていうかスタイルロードだスタイルロード、みにみん、そろそろ本気出さないとまずい。あれはやっぱり縦持ちで撮影したものを縮小するべきだろうか、でもそれだと武器とか腕の先とかが見切れるわけで、そこをどう整合していくかが問題だ。あいた時間に練習もしているのだが、結構難しいんだよな。
 あとはキャラクターごとの光りかたの統一感。一番まずいのがガブラス、奴の場合羊にすると確実にEXの光が入ってしまう。なんとかしないとまずい。やはり走らせるのが無難だろうか。あとクジャだけはデフォルトで光源処理が入ってしまう可能性が高い。皇帝やミシアも自キャラの近くにエフェクト処理がかかってくるから、このへんの光源持ち組のために、撮影場所は屋外がベターだ。あと、暗闇の雲はかなり計画的に撮影しないと触手が入らない。がーさんの得物はでかいし、ジェクトはうまくポーズ取ってくれないし、セフィロスの正宗は長すぎる。ケフカやエクスデスは自身にエフェクトかからない魔法が多いから、楽に撮れそうな気がするのだが……。まずはステージを統一して(次元城がベストか?)、みんなのポーズ決めること。2479の子はだいたい決まってるんだ、あとはほかの子だ。
 問題はシーモア老師とミラちゃん、あのふたりはどこから画像撮ってくるか考えねば。
 一度対人リプまっさらにして、CPU特化体勢で臨んでみようかなあ。気合入れないとスタイルロードは作れない。がんばるぞー。

最近のギンのようす

 ところで最近、愛用のPSP-3000ミスティック・シルバー、「ギン」の調子が、ほんの少し悪い。具体的には、「Rボタン」と「アナログスティック」の効きが、ごくまれにほんの少しだが、確実に、ちょっとおかしくなる。
 なんかさ、右に動かそうとすると変な感触になるんだよ、アナログスティック。
 自分がよくプレイするゲームと言えば、圧倒的に「ディシディア」と「エルミナージュ」だ。むしろ割合を考えれば、ほぼこの2本しかプレイしないといってもいい。ではどうして「Rボタン」と「アナログスティック」なのか。普通「○」ボタンから堕ちるのではないか?
 エルミナージュでは、自分は早い段階から、「ボタンを押しこんだ状態でボタン入力を繰り返す」という技術を身につけ、ボタンを押しこむ動作は一度だけにしてボタンにかかる負荷を減らしてきた。Rボタンはコマンドリピートでだいぶ酷使しているが、言うほどでもないはずだし、アナログスティックに至っては使う場面がない。つまり、ギンをこんなにしたのはディシディアだ。
 とはいっても、CPU戦偏重のうえ、対人でなければガードも回避もあまりしないというガン攻めスタイルの自分の戦いで、なぜRボタンがやられたのか? 確かにフリーエアダッシュはかなり使うが、あー最速回避はよくやるが、いやそれにしても……ガーキャンだって使わないし。アナログスティックだって、そこまで動かしている自覚はない。クジャを動かす時も、いんせきしながら逃げるときだって、結構静かにそっと動かすほうだ、と思っている。
 ということは、答えは一つ。SSの撮影である。
 確かに押し続けるよな、あの作業は、Rボタンを、かなり長い時間。そして角度や距離、魔法エフェクトのかぶせ方、ポリゴンの濃さ、微妙な表情などを求めて、アナログスティックをかなり細かく動かして微調整する。「無加工・無修正」をモットーにしている自分は、たとえば、クジャを特定のレンジ・特定の角度から撮ることで笑んでいるくちびるの端の一ドットを消滅させて表情を変えるとか、皇帝の魔法と杖とが両方入って魔法エフェクトが入ってかつ陛下が光りすぎて表情が見えなくなることの無いように絶妙の位置までカメラを持ってくるとか、壁や床や天井のポリゴンを消し去るとか、そんな馬鹿げたこだわりのひとつひとつを実現しようとするたびに、アナログスティックにひどい負荷をかけていた。スティックの寿命も考えず、ガシガシ動かしていた気がする。もう少し早く気付きたかった。撮影に夢中になりすぎていた。
 とにかくこれからはもう少し、スティックをやさしく扱おうと思う。ギンとはまだまだ一緒にいたいんだ。ディシディアが出る前からの、大切な相棒……愛着もわいている、離れたくないんだよ。

「クリスマスパーティー」の日記

 とある事情で、親のパソコンを利用し作業。インターネットで動画をよく見る母のために選んだ、内臓スピーカーがなかなかの高音質を誇る、東芝のノートパソコンだ。こっそりぶちこんでおいたFF13のサントラを手軽な音質で聴きながら、画面右半分ではDropboxで愛しのカオス子たちのSSのスライドショーを展開し、残りの左半分で作業を行う。うーむ、すばらしいなあ、これ。
 やはりSSは無加工・無修正に限ると思う。その場にあるエフェクトとポリゴンを使っていかに思い通りの、あるいは予想外の画面を構成するか。なかなか奥が深くて楽しいものだ。

 さて、木曜日、1月6日は邦楽サークルのクリスマスコンパだった。3時間飲み放題のしゃぶしゃぶ店に集い、みなが持ち寄ったプレゼント(予めくじで誰にプレゼントをあげるか決めてあった)を当人に配り、クリスマスを祝うという我がサークルの恒例行事だ。
 まあ、本来であればもっと前、具体的には去年のうちに開かれるべきイベントである。それがどうしてこの時期にと言えば、そりゃあもちろん、昨年末に我がサークルを震撼させた「インフルエンザ・パンデミック」の影響である。12月27日に開催される予定だったクリスマスコンパは、参加可能人数が当初の半分という非常事態になったおかげで、新年へと持ち越しになったのである。

 自分は、仲の良い後輩(ディシディアを貸してやったら、ハマってくれたようでなによりだ)にプレゼントをあげることになっていた。JFで入手したデュオデシムのポストカードと、撮りためた皇帝のSSを印刷したものをセットにしてプレゼントとして送りつけた。半分嫌がらせに近いかなとも思ったが、どうやら喜んでもらえたようでなによりだ。
 仲間たちと食べるしゃぶしゃぶも、本当においしかった。自分の座ったテーブルの面子は大食らいが多く、肉ももやしもあっという間に消えていったのだが、隣のテーブルは酒飲みばかりで、肉が煮立っているのに飲み放題のワインを注文して酔っぱらうようなありさま。もちろん我らがテーブルは、その酒飲みたちから肉を奪ってきた。今度からもう少しバランスの良い席分けをしたほうがいいのではないかと思った。

 その後場所を変えてボウリング。自分はサークルの仲間たちと何度かボウリングに行ったことがあるのだが、そのたびに右手の親指の爪を割っていた。親指ちゅっちゅしながら乗り越えようかと思っていたら、どうやら投げ方に問題があったらしいと後輩が教えてくれた。身体を動かすのは相変わらず苦手だ。というか昔から、自分がどういうふうに動いているのか自覚できない。高校の時の体育のダンスで、欠席少なくまじめに授業を受けた結果、最低の評価を記録したこともある。「ボウリングの球を投げ終えた後の片足の上がりかた、角度がおかしい」とは前に言われたことがあるが、いったいどんなんなってんだろう。

 三次会のカラオケに行くころには、人数は自分を含めて3人になっていた。仲の良い後輩二人の終電の時間を考え、当初は一時間ほど歌ってすぐ解散する心づもりであったのだが、どういうわけかオールすることになり、3人で盛り上がった。
 20曲以上連続でアリプロジェクトを入れた、という時点でとんでもないテンションだったことは伝わると思う。後輩がナルシス・ノワールでとんでもないカロリー消費量をたたき出した。「こいつは馬鹿なんだな」と自分の事を棚にあげて思った。
 石の記憶(Distant World)が入っていて涙が出た。カラオケで聞いても相変わらず神曲だと思った。歌いこなせないが。

 帰宅するころには5時をとうに過ぎていた。恐ろしく冷えた空気を切り裂きながら自転車をこぐ合間、ふと空を見上げると満天の星空だった。思わず家の前に自転車を止め、しばらくぼうっと空を眺めた。
 金星は目を疑うほどにまばゆく強く輝いており、頭上には北斗七星と、その先にほのかに輝く北極星も見えた。東京ではめったに見られぬほどの美しい星がきらきらといくつも光っていた。名も知らぬ星を見上げながらふと視線をめぐらせた先で、小さな筋が一瞬きらめいてすぐに消えた。驚いて目を凝らしても、そこにはもうなにもなかった。だがあんな不自然な幻や目の錯覚が起きるはずもないし、あのきれいな光は間違いない、流れ星だった。
 あっという間に消えてしまったし、改めて星に願うようなこともない。それでも、あのように美しいものを見られただけで満足した。生まれて初めてだったんだ、流れ星見たのは。それも流星群などではなくて、普通の夜空で見られるだなんて、夢にも思わなかった。幸せだ。
 ちょっと「はやぶさ」を思い出した。

 家に帰ってからテレビをつけたら、「今朝はこの冬最高の冷え込みを記録しました、東京の気温は1.7度まで下がりました」とか言われた。
 そこまでの寒さのなかで星を見上げていた自覚はなかったのだが。

 クジャの魔法もきっとあの光のように美しいんだろうなあ。

クジャのぱんつ触ったらだめー!

 というわけで、たまにはSSをうpしてみようか。
 だいぶ重いので続きに行くぞ!

みにみん2011年の抱負

 新年になったが……今年の抱負ってやつをまだ決めていなかったな。
 今年はデュオデシムもエルミナージュ3も出るし、たぶんほかのゲームをやる余裕はほとんどない。そんななか、プレイヤーの自分がまず最優先で片付けるべき課題としては、
【エルミナージュ3までにスタイルロード完成】
これに尽きる。ほかのナントカロード関連でさらに時間を取られることが考えられないわけではないし、準備は早めに済ませておかねばならない。あー本当に楽しみだなエルミナージュ3! 今のうちに2を心行くまでやりこんでおかなければ。
 あとはやはり、ディシディアの技術を磨くこと。とはいってもガチでない自分は結局、プレイのテクニックよりもネタを拾っていく形になるだろうし、今一番やりたいことはSSの撮影だ。
【デュオデシムが出る前に、SSの撮影技術を高め、新作に活かせるようにする】
これが自分のもうひとつの豊富だ! ……デュオデシムでもSS撮れると考えていいんだよな?

 まず火急の課題は、苦手なツーショットの克服。デュオデシムではアシストが絡んでくるのだから、更に人数が増える。今のうちからツーショットを練習しつつ、そこにいろいろ小ネタをしこんでいけるようになればばっちりだ。
 現時点で、魔法や相殺などのポリゴンエフェクトをキャラクターに被せるエフェクト被せ、エフェクト被せに付随したアンチエイリアス除去、愛と気合による床や天井などのポリゴン消し、追撃時の集中線移動、追撃時のブレを利用した空間圧縮、ブレイクした瞬間にネガった背景で撮影するブレイクショット、などの小ネタを持ってはいるが、まだまだ完璧に使いこなせているとはいいがたい。これらがすべて単品でしか出せないって時点でだいぶ悲しい。組み合わせてこそのテクニックだ!
 あとは再ロック、あれでしか出せない独特のエフェクトはUTのうちに撮影しておかないとだめだ。弧を描くような美しい正宗の軌道に、クジャにのみ許された再ロックストライクエナジーの美しすぎる曲線、あのへんをしっかり技術として確立して撮影したい。
 当面は再ロックを仕込みつつ、ブレイクショットの練習かな。ジェクトの難易度マジで高い、ケフカの通常いろファイの限界を感じる、あとクジャのブレイクのタイミングはマジで考え直さないとだめだ。ストライク11〜15Fでのブレイク禁止(注・リプレイフレーム換算)。バーエナ13Fでのブレイク禁止。そもそも壁コンダメ絶対。あと近距離コンボはマジ無理ゲー。……対人でもだってこんなにフレーム意識したことねえよ! 閃光ガードだって獄門キャンセル岩出しだって感覚でやってるのに! このばかぱんつ!!
 そろそろどM装備だけでなくてEX維持装備を作りたい。みんなのEX撮りたいんだ。皇帝だろうがミシアだろうががんばって維持するぞ。そんでもってインファイトしてぱしゃぱしゃするんだ。……もうクジャのオートマの使い方絶対すっぽ抜けてる気がする。コンボとかできねえよ。

 デュオデシムではたぶん、【空間圧縮+非追撃移行技+集中線】みたいなSSが撮れる。つまり
【機雷にピント合わせて集中線を合わせつつ、画面に適度なブレをいれた、皇帝陛下のアシストエフェクト被せSS】
なんて夢のような作品も作れるわけだ! こう考えると俄然やる気が出てくるよな。あと3カ月、悔いを残さないように頑張ろう。

コメントお返事

くろきし様

>かわいいw
>ガーランド兄さんとたつまきちゃんほのおコンビとか
>いまいち使えなくて海外進出で頑張ったレディアントソード君とか
>色々思いつきますな

>皇帝とクジャあたりが一番想像しやすそうだけど

>今年はデュオデシム楽しみっすね
>明けましておめでとうございます。

 あけましておめでとうございます!
 ええ、皇帝の魔法は……どうしてここまで心を揺さぶられるのかわからないのですが、心から愛しいです。へいかのために、作品ごとにちょっとずつちょっとずつ強化されているあたりが最高です。
 ガーランドのたつまきほのおかわいいですねえ、たつまきに押し込んだと思ったら一瞬遅くてたつまき消えてたときとかたまりません。レディアントソードちゃんは一生懸命がんばったと思います……かわいいですね。
 クジャの魔法もかわいいですねえ、リングホーリーちゃん帰ってくるところとか最高です。オートマホーリーちゃんのできる子っぷりは異常。近接中ってどういうことだ!
 デュオデシム、楽しみですねぇ。早くめらんこちゃんに会いたいです。

今年の初夢

 今年の初夢は……。…………。
 まあ自分は夢の内容をある程度は自由に操るスキルを持っているので、その気になれば富士と鷹と茄子を夢に出すことも可能なのだが、毎年毎年それでは芸がない。というわけで今年は特になにもいじらずに、ただ自然に夢を見てみたぞ。結果がこれだ。


 まず、一月一日に日付が変わった4時間後位に寝たときには、皇帝陛下とこたつに入ってみかんを食べていた。
 マティはやけに豪華でふかふかクッションのついた、きもちよさそうな座椅子に座っている。自分はその斜め前で、座布団に正座してひたすらみかんの皮をむく。夢の中クオリティと言う事で、自分はみかんの皮を剥くことに関して特別なスキルを身につけており、なんかへたのところをくるっとまわしてばっと回すと、自分で言うのもなんだがみかんの皮がめちゃくちゃきれいにとれるわけだ。それでまた、そのみかんがうまい。甘くて身も大きくて薄皮は柔らかくて、おいしさが口の中にひろがる。現実では味わえないくらいのおいしさだ。
 おいしいんだが、肝心のみかんは、ほとんど皇帝に取られる。
 マティのことは大好きだけどこっちだってみかんは食べたい。だってこんなにおいしいんだ。もそもそとみかんを食べていたら、マティが「貴様には芋でじゅうぶんだ」とか言ってみかんを独り占めして芋煮をよこしてくる。っておい、これおまえ今、どっから出した?
 その芋煮もやけにうまいんだが、食ってる暇はあんまりなくて、陛下のためにみかんむかないと怒られるわけだ。人さまのむいたみかんを独り占めするとか、この暴君め!
 みかんの皮二つ折りにしてプシュー、ってやつで反撃しようかとも思ったが、みかん食ってるマティがなんだかとっても幸せそうだったので結局素直にみかんを剥き続けた。

 で、その次。一月二日になってから寝たとき……本来ならここが初夢か?
 今回も皇帝が出てきた。しつこい!
 ぼーっと見ていたら頭が高いとかなんだとかで理不尽な因縁をつけられたので、「いつまでも見つめていたくなるほどに美しすぎるあなたが悪い」と、明らかに向こうに非があるという状態で正論をかましたらフレアが飛んできた。愛しの青ちゃんかわいい。一瞬表情歪めるマティもかわいい。かわいいけどこっちは熱い。焼けてる。肌が焼けてる。まったくマティはツンデレだなごふっ(吐血)
 そのまま良い愛……どんな変換だ! 言い合いになって一方的に踏まれた。焼けた腹をあの靴で踏みつけるとかマジで勘弁してほしい。もうどこが痛いのかわからなくなるくらい痛ぇよ! そもそも自分の肉の焼ける匂いで吐きそうなのか、それとも物理的に内臓が圧迫もしくは破損しているから吐きそうなのか、それすらわからない。
 こうやって殺されかけても、夢に出てきてくれたというだけで嬉しい。

 更にそこから軽くご飯食べて二度寝したとき。
 夢のステージが家の近所(夜)だったのでふわふわ空飛んで遊んで、疲れてきたので小学校の屋上で休んでエルミナージュやってたらセフィロスが降ってきた。もうこの時点でいろいろアウトな気がする。
「こんばんは」とできるだけ平和に挨拶したら、「斬り初めだ」とにっこり微笑みかけてもらった。わーセフィロスさん美人だなー。ただそのクソ長い刀をこちらに向けてくるのはできればやめてほしい。
 つかまって散々な目にあった。
 皇帝みたいに、最初に獲物の逃げ場を完全になくしてそこから順々に屈服させてくるよりも、セフィロスのように、獲物が逃げられそうな隙をわざわざいちいち作りながらそのたびに楽しそうに追いかけてなぶり殺しにしてくるほうが、精神的にきつい。まさに「絶対支配」と「絶望を贈ろうか」の差である。そんな性質の違うバイオレンスを、一日にふたつも味わいたくはなかった。

 ……。ふむ。こうやって3つ連続で書くと我ながらえらいことになっているものだ。
 カオス子たちに、というか上のふたりにひとつ言いたいのだが、おまえら普段はあんまり夢に出てこないくせに、なんでこう新年の縁起担ぎしてる時に限ってちょっかい出してくるんだ。というかなぜ初夢で二度も殺されなきゃならんのか。それで喜ぶ自分も相当ヤバイと思うが、それにしたってこう……うん……でも結局幸せなんだよな、こんな夢でも一緒にいられて……。どうしてこうなったんだ自分は……。

 思い出したらなんだか顔が赤くなってきたというか恥ずかしくなってきたので餅でも食ってくる。

あけましたおめでとう!

 とうとう2011年だ! 新年だ! あけました! おめでとうございまーす!

 去年は結局ディシディアとエルミナージュとアーカイブスで終わったので、今年はなにがあたらしいゲームにも手を出してみたいところだ。といいつつもすでに「3月:デュオデシム、エルミナージュ3」という絶望的な予定がはいってしまっているのだが、いやあ、今年もすばらしい一年になりそうだ!
 今年もいっぱい食べていっぱい寝ていっぱいゲームする、人間の三大欲求に従った生き方をしていくぞ。「欲望に忠実に・快楽に正直に」が自分の生きるモットー。2011年も好き勝手やろう。

 あと先日どうも自分には「技萌え」というような属性があるらしいことに気付いた。具体的に言うと、皇帝の罠魔法がかわいすぎてたまらない。皇帝の魔法は発動した瞬間から自律行動するというか、皇帝がピンチの時に助けてくれたり逆に跳ね返されて皇帝の方に飛んできたりととてもとてもかわいい。青フレアはじめ、赤フレアいんせきめらんこ、こんぺいとうにひかもんかみもんすてぃっくぼむと、皇帝の魔法はみんなかわいい。愛が高じて絵本作りたいとか考え始めたから始末に負えない。


 皇帝へいかと青フレア、とか


 皇帝へいかとこんぺいとう兄さん、とか

 この子たちのことを考えるだけで幸せがからだじゅうを駆け抜けるようになって、嬉しくって楽しくって、たまらない気分になってしまう。たぶんこれはもう病気だと思うのだが、今年からは新しく、めらんこちゃんという仲間が増えるのだ。この子もちょっとどじっ子だけど、既にかわいくてならない。みんなのおかげで、一年間楽しくすごせそうだ。

 よーし、起きたらグレイセスエフやろう。
 おやすみなさいっ!


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM