スポンサーサイト

  • 2011.03.27 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ディシディア試遊スコール1/4

本日1回目の試遊(スコールちょっとだけ)

時間がないなか試しに使ってみたスコール。
相手はウォーリア。
スコール「手加減はしない」
サンダーバレットとブリザドバレットはタメが長い。近距離でうっかり暴発させると確実にボコられる。□で遠距離技を持たないので、基本は○コンボからの追い討ち□でとどめだろう。
一番使いやすいのはヒールクラッシュ。いわゆる突進技。苦戦しつつもヒールクラッシュからビートファングに持ち込み、ブレイブをためてエアリアルサークルで一撃必殺。
フリオニールの大苦戦のおかげで×回避のタイミングを極めた。敵の技が○技なら素早く、□技なら少し遅めに×。□技が来るときはボイスも特別なうえ、KH2のセフィロスの一閃のように画面が暗くなるので集中して判断。
勝利、スコール「俺の敵じゃなかったな」

…ああ、確かに、敵でなく、味方だったはずだ…。
これにて1回目タイムアップ。

クローズド整理券を入手し、すぐにまたディシディア試遊のブースに行けば早くも整理券モード。即座に入手、更にKHの整理券ももらう。
これらすべてディシディアに変えた。交渉。様々に手段と知恵を駆使し、整理券量産。よしっ!!すぐに2回目だ!!

ディシディア試遊フリオニール1

初回試遊で見事入り、迷わずハードフリオニール。よし最高だ。

本日1回目の試遊前半(フリオニール1)

まずはジタンが相手。「正々堂々勝負だ」
ファイアとサンダーが出しやすくてとても楽しい。コンボや追撃を繋げにくいのでブレイブをためまくり、1833ダメージで一撃。
「進むべき道はただひとつ」と勝利のポーズ。か、かっこいい。地味キャラ筆頭の童貞のくせに。

次はスコール。
フリオ「おれは負けられないんだ」
う、空中戦はちょっと…つらい。ああ、そうか、スコールが飛んだらシーズナイフで追撃、または△で壁を走って近づいてそのままブラッシュランス。リードアックスはヘイトを合わせないと当たらない。
EXバースト発動!アーロンのようにコマンドを入れる。槍、剣?、斧もしくはフレイル?、と武器を大量に出して、弓というよりは剛弓で攻撃、フィニッシュ
かっこいいー!!!

ウォーリア戦
フリオ「やるからには全力でいく」
□ストレートアローがうまくあたらない。回避合戦でとどめをさそうとしたが、マントのせいでタイミングを示す×の表示が見えないという致命的な罠に遭遇。
そして、クリスタルワールドゆえに△かけのぼりが多いのだが、床に降り立つまでに一瞬ジャンプ状態になる。つまり△でのぼった瞬間はコンボにならない。これでファイアが暴発し、攻撃を避けられてやられる…
フリオニールは飛んではだめなのだな。クリスタルワールドは苦手、よって△接近を使いにくいぶん遠距離持ちもやや苦手。
なんと2回もコンティニュー。一撃で殺さないとだめだ。
リードアックスで引き寄せ、地に足つけて戦えば楽勝だった。フリオニールの魅力に気付いてしまった。
「おれはまだまだ強くなる」

…しかし、フリオニールの特性を考えると、ひょっとして、クジャと相性最悪?

クジャは素晴らしく空気を読む人。もちろんばっちり出てきた。
クジャ「弱い犬ほどほえるというね」
フリオニールは吠えないぞ。なんといっても「ゴクッ」だ。むしろ吠えてるのはおまえでは…
まずはセオリー通り(セオリーというのが固まってしまったのが悲しいが)魔法をはじき、リードアックスで引き寄せ、ぼこる。何回かブレイクし、間合いを離されたらサンダーやファイアで牽制、シーズナイフで体勢を崩させリードアックスで引き寄せてやはりボコる。
…床に叩きつけてばかりで追撃できないという切ない状況に。
せっかくなので倒れたクジャにストレートアロー。…初めて非追撃モード時にアロー決まった。ノダメ勝ち。かなり楽しかったが正直クジャはもう少し頑張ってほしい…。手応えなさすぎ…お楽しみの時間なのだからもう少し遊ばせてほしい…。というか、相性悪いとかの話はどこへ行った。

フリオ「油断したようだな?」

…辛辣だな童貞。
ああフリオニールかなり楽しかった。時間もあまったことだし、次の試遊ではスコールを使うので、ちょっとした予習としてスコールでプレイしてみるとするか。

中間報告

数々の整理券をトレードしまくってディシディア整理券量産。整理券なしではいったディシディアでもらったクローズド整理券1、並んでもらったディシディア整理券AとKH整理券、ディシディア整理券Aの試遊でもらったクローズド整理券2、全部合わせて4枚の整理券をディシディア化。交渉交渉。

最初にフリオニール、次にスコールを使った。楽しい最高に楽しい、レポ感想のメールをまだ打ち終わっていないので急ぎたい、そろそろまた次のディシディア(本日3回目)に並ばねば。

ディシディア・バトルの流れ詳細レポ

【バトルの概要】

1.補助技でブレイブを溜めましょう

勝敗に直結するのはHP攻撃だが、これは隙が大きすぎるので、いっそトドメのときだけに使うつもりで。どんどん補助技をあててブレイブを溜めていく。「相手の最大HPよりブレイブが高くなったら□出して一撃必殺」くらいの意気で。
補助技は[地上で○]、[地上で相手のほうにアナログパッドを入れて○]、[地上で相手と反対のほうにアナログパッドを入れて○]、[空中で○]、[空中で上にアナログパッドを入れて○]、[空中で下にアナログパッドを入れて○]の6種類。性能、特に相手に近づける技に関しての踏み込みの距離とタイミングは要確認。スコール相手に攻撃を外して隙を見せてしまうと、やつは恐ろしいガンブレード裁きで確実にこちらのブレイブを消しにかかってきます。

2.敵の攻撃に対処しましょう

敵も補助技で自分のブレイブを高めてくる。コンボを最後まで決められるとこちらのブレイブが激減するので絶対にくらってはいけない。特にスコールとガーランドは痛い。クジャも手数は多そうだからまともに食らえば痛いかも。
選択肢としてはR×回避、Rガード、走ったりジャンプしたりしてかわす、といった感じか。
ウォーリアやジタンやスコールのような直接的な攻撃はタイミングをはかってR×で回避するとそのあとの反撃が楽。無理ならRで防御。ジタンとフリオの攻撃は走るだけでかわせるものも多い。ガーランドは特に大振りなのでジャンプでどこ吹く風になる。フリオ、ウォーリアは魔法を使ってくるので確実にRを決めれば反撃のチャンス。クジャはとりあえずRで軽く完封しといてあとは煮るなり焼くなり適当に。

3.補助技のコンボで吹っ飛ばした相手には追撃しましょう

たとえばKHでは、○を連打しているとソラが「終わりだ!」「受けてみろ!」などといって「コンボフィニッシュ技」を繰り出すが、あんな具合で、敵に補助技を叩き込むと遅かれ早かれ相手は吹っ飛ばされる(ジタンのストームインパルスなど、連続攻撃可能の技なら○連打で何発も攻撃していると最後にガツーン!といって相手が吹っ飛ぶ。ウォーリアのクロスオーバーは何故か一発で敵が吹っ飛ぶことが多々あったが、これはここの技の性質によるものなのだろう)。
そのときに×ボタンで「追撃モード」(名前は公式のものではない)。×を押せば、自分のキャラが一瞬で吹っ飛ばされた相手まで近づいて、そのまま○か□で補助技かHP攻撃による連続攻撃(追撃)を叩き込める。

4.追撃をかわされたらこちらも回避を決めましょう

追撃モードで○または□を押して敵を攻撃すると、たまに敵がクルッと一回転するような感じで攻撃を避けることがある。「回避合戦」(名前は公式のものではない)のはじまりである。そうすると次は、敵の攻撃チャンスとなるが、こちらも敵の攻撃を×ボタンでかわすことができる。タイミングはKH2のリアクションアビリティのように画面に表示されるので、焦らずよく見ていればそう難しくはない。キャラクタAが○か□で攻撃、キャラクタBが×でかわして○か□で反撃、キャラクタAがそれを×でかわしてまた反撃…というように、両者が永遠に回避を決め続けたら、恐らくどちらかが攻撃を諦めない限りは一生追撃モードが続くはず。
体感的には、この回避はフリオニールが非常に得意で、逆にクジャは非常に苦手らしい。

5.追撃を利用してどつきまわしてブレイクしましょう

ブレイブが0以下になると「BREAK」となり、一瞬画面がまるでネガのような色彩になって時間も止まる(クジャが股開いて硬直するとかいうのがこれ)。補助技で相手のブレイブをガンガン減らしてブレイクすれば、こちらのブレイブ値が急激に上昇する。
上記の追撃(□で追撃モード→○ボタンで補助技を叩き込みブレイブを削る)を繰り返してブレイクするのが理想。現実はそう甘くはないが。ジタンでノーマルモードだったら連打するだけでいける。

6.ブレイク繰り返して嵌めるのもアリ(特にガーランド、ウォーリア、フリオ、クジャに有効)

ブレイブはブレイクされても一定時間経つとゆるゆる回復するので、そこを狙ってまた補助技のコンボを叩き込んでブレイクを繰り返すと、簡単にこちらのブレイブが1000を越える。空中技がすぐに飛んでこないガーランドとウォーリアとフリオニール、魔法を使う余裕があったとしてもRで簡単に跳ね返せるクジャに特に有効。ただこれやるとあまりに敵が可哀想になる恐れがあるので自己責任。

7.デジョントラップは有効に活用しましょう(特にクジャに有効)

クリスタルワールドで落下するとデジョントラップにはまり、ブレイブが減っていく。×連打で脱出できる。相手を補助技で吹っ飛ばしてトラップに落とし、自分は手近な柱や壁に向かってジャンプしながら△連打して安全圏へ行くのがセオリー。何故かプレイヤーが脱出するほうがコンピュータが脱出するより早いうえ、コンピュータはトラップから抜け出したとき少し固まるので、なんなら道連れで落ちるのもアリ。
クジャはなまじ飛んでいるぶん、「下に地面がない場所」にいることが多いので、そこに攻撃を入れてやれば落ちて行って簡単に嵌まる。彼はなぜか受身が非常に苦手なようなのでまず抵抗する間もなくトラップ一直線、飛べるはずなのに嵌まってくれる。クジャを踏み台に使えば(空中技などを出して滞空時間を稼ぐ)、ジャンプして手近な柱に飛びつくのも簡単。
更に、クジャはなまじ飛べるぶん、デジョントラップに落とされてブレイブ吸われたあと自力で飛んで這い上がってくることがあるので、そこに完璧なタイミングで追撃してブレイクできればブレイブ2000も目指せるはず。ジタンなら二段ジャンプが軽いので、永遠にクジャ嵌め続ければどこまでもブレイブを伸ばせる気がする……。仮にもコスモスを操作するものとして、プレイヤーが良心の呵責にどこまで耐えられるかが最大の問題か。

8.ブレイブが溜まったらHP攻撃で開放しましょう

ある程度ブレイブが溜まったら□のHP攻撃を狙う。敵のHPは初期値(今回の試遊ではレベル20)が1500なので、目安は2撃程度で倒せる800〜、あるいは一撃で倒せる1550〜。ある程度余裕を持った計算。
HP攻撃はそのままだとヒットさせにくい。単発で出すならせいぜい大振りの攻撃を外したジタンやガーランド、もしくは床にたたきつけられて倒れているクジャぐらいにしか使えない。壁にたたきつけた相手にHP攻撃を出しても敵が落下して外れることがある。
よって、まずは補助技で相手を吹っ飛ばしてから、追撃モードでゆっくりHP攻撃を狙うのがリスクの少ないやり方。□で追撃モードに入り、□でHP攻撃。回避合戦がはじまっても落ち着いて×で敵の攻撃を避け、相手がミスするのを待つ。
HP攻撃が入ったらおめでとう。ブレイブによっては一撃必殺も可能、そうでないならまた補助技でブレイブを溜める。

9.△の疾走感を楽しみましょう

使わないと損、これは楽しいうえに実用的。例えばカオス神殿の壁ならば、△を押すと自動で上に駆け上がるが、ここでアナログパッドを入れれば壁を好きな方向に走り回ることが出来る。三次関数のグラフのような曲線も思いのまま。緊急回避や奇襲に非常に有効。つまり、いざというときのために壁や柱の近くで戦うと安心。
主に、スコールがカオス神殿の2階でまったりしてしまったとき、フリオが広範囲にわたって暴れだしたとき、ウォーリアが明後日の方向に技を出しているとき、トランスしたジタンからとにかく逃げたいとき、ガーランドが遠くで柱を何本か叩き折っているとき、クジャをからかってみたいときなどに活用。

10.EXモードを狙ってみましょう

「EXコア」「EXフォース」をとることでキャラの顔グラの横の「EXゲージ」がたまっていく。これがMAXになったときに□ボタンと×ボタンを同時に押すことで、「EXモード」の発動となる。EXコアというのは、3戦目のクリスタルワールドで目の前にあるベルのような青い光。□×のタイミングはゲージが溜まっている限り任意か?
EXモードになるとキャラクタの外見が変化する。ウォーリアがクラスチェンジしたり、ジタンがトランスしたり。このモードになると攻撃力などのステータスの増減があるのかもしれないが、それは確認のしようがなかったので不明。
EXモード中に○ボタンの補助技を当てることで、EXバーストを叩き込むチャンスが生じる。□ボタンでEXバースト発動。

11.EXバーストを狙ってみましょう

EXバーストが発動するとカットイン。攻撃を食らう側は完全に無力化か?
PVでジタンやクジャがトランスしてお互いに派手な技をぶちかましあっていたのはこれ。
トランスジタンなら連打で威力が上がるなど、各キャラによって異なる操作がある模様。尋常でない威力の上とにかくかっこいいので積極的に狙いたい。
発動後EXモードは解除される。
逆に敵がEXモードになったら、バーストを食らわないように逃げ回るか、確実にガードして隙を作らないように注意。

JUGEMテーマ:ゲーム

ディシディア・操作説明

【基本操作】
○…「補助技」。これがヒットすると、相手のブレイブを吸収し、自分のブレイブを高めることができる。相手のHPに直接ダメージは与えないが、一番基本となるアクション。EXモード中に補助技を当てることでEXバースト発動のチャンスも出来る。

□…(1)「HP攻撃」。これがヒットすると、自分のブレイブの値に応じて相手のHPを削ることが出来る。大振りなものも多く、追尾能力も全体的に補助技に劣るため、何発も使うものではない。
 (2)EXゲージが溜まっているとき、×ボタンと同時に押して「EXモード」発動。ジタンがトランスするのはこれ。以降しばらくはトランスしたまま戦える。
 (3)EXモード中に□ボタンで「EXバースト」発動。(画面が赤くなってカットインが入る、かっこいい必殺技。PVでクジャが5000ダメとか出してたのがこれ)

×…(1)「ジャンプ」。ガーランドの攻撃をかわしたいときや、補助技/HP攻撃の空中技を出したいときに押すボタン。だが実は小さな段差も大きな段差も△で動ける。
 (2)Rボタンと同時に押して「回避」。フリオニールの投げてきた短剣をかわすときには便利だが、タイミングを逃すとキャラが一瞬よろめいて隙だらけになるうえ、Rボタン単体押しの「ガード」のほうが有効で簡単。ただし敵キャラジタンはやたら上手にこれを使ってくるのでストレスは溜まる。
 (3)補助技によって敵をふっ飛ばしたときは、×ボタンで「追撃モード」発動。(自分のキャラクターが吹っ飛ばされた相手に急接近し、そこから更に相手に補助技やHP攻撃を叩き込める状況)
 (4)「追撃モード」から「回避合戦」になったときの「回避」。×ボタンはこのためにあると言ってもいい。KHの「△」ボタンのように、タイミングをあわせて×ボタンを押せば敵の攻撃を避けられる。落ち着いてやれば平気。
 (5)敵に吹っ飛ばされたとき「受身」がとれる。×ボタンの真骨頂その2。これができないと壁や床にたたきつけられる。めちゃくちゃ痛そうだから吹っ飛ばされたら×連打が基本。
 (6)連打することで「デジョントラップ」脱出
 (7)EXゲージが溜まっているとき、□ボタンと同時に押して「EXモード」発動

△…ムーブマーカーがある場所で壁走り/飛び移り。壁や柱をかけあがったりかけおりたりすることができるが、どちらかといえば、「床を走り回るモード」と「壁を垂直に走り回るモード」の切り替えに近い。クリスタルワールドでクジャと戦うときは、△ボタンを利用して柱を螺旋状に走っていれば遠距離からの魔法はことごとく外れることになる。

アナログパッド…キャラを動かす。○や□と組み合わせれば、補助技やHP攻撃の種類を変えられる。操作感は滑らか。自分はとても動かしやすいと感じた。

十字キー…カメラ回転。カオス神殿の2階からなかなかスコールが降りてこないとき、クリスタルワールドでフリオニールが明後日の方向に行ってしまったとき、床に倒れたクジャが起き上がって反撃の魔法を打つまで手持ち無沙汰なときなどにおすすめ。間違ってもジタンを相手にしているときには左手親指をアナログパッドから離してはいけない。

L…ロックオン及び解除。敵を見失ったら素早く2回押すことでカメラが敵の姿を追いかけてくれる…かもしれない。でもそんなことしなくても、予めロックオンしてあれば敵の方向に矢印がでる親切設計、基本的にはずっとロックオン推奨。

R…「ガード」。別名クジャ涙目ボタン。敵の攻撃を防御する。それが魔法や飛び道具なら、タイミングよく押すことで跳ね返す。使いこなせば魔法や遠距離オンリーの敵は完封。このたった一つのボタンのせいでクジャがただのサンドバッグになっているので、もう少しどうにかなる可能性もなくはないような気がする。

スタート…ポーズ。技の確認が可能。ただし試遊でポーズなんかかけてる暇があったら遠慮なく戦うほうがいい。

JUGEMテーマ:ゲーム

ディシディア・戦闘システム概要

・ディシディアファイナルファンタジーとは歴代FFキャラがガチバトルをくり広げてその爽快感を楽しむゲームです・

【戦闘システム概要】
1対1のガチバトル。基本的には、□ボタンで出せる「HP攻撃」(あるいはカットインの入るEXバースト技)を相手に当てて相手のHPを0にすれば勝利となる。
ただしその「HP攻撃」で相手に与えるダメージは、自分のキャラのその瞬間の「ブレイブ」という値に依存する。つまりHP攻撃を当てたとしても、こちらのブレイブが低ければ相手に与えるダメージは微々たるもの。よって、○ボタンで出せる「補助技」を効果的に使い、ブレイブを高めていくことが重要。

なお、今回の試遊ではレベル20のキャラ(1289主人公)使って4連戦勝ち抜くだけなので、雑誌などで紹介されていた、このゲームの特長的な要素であるアビリティの付け替えや成長要素の確認は不可能であった。ただし、戦闘中の経験値の取得、及びそれによるレベルアップとそれに伴うHPの上昇、及び戦闘終了時のギル・APの取得は確認できた。

JUGEMテーマ:ゲーム

ディシディアまとめ

よし、夕食と風呂を終え、寝る体勢が整った。
ディシディアというゲームの試遊に関してのレポート。目指せ取扱説明書。

【キャラクター】

 ウォーリアオブライト、フリオニール、スコール、ジタン(この4人は操作可)
 ガーランド、クジャ(この2人は対戦可)
 こうてい、アルティミシア
――(ここまで野村氏のイラストあり)――
 ティーダ、セフィロス

JUGEMテーマ:ゲーム

試遊ウォーリア1

よし帰宅。更新。
ディシディア試遊レポ、ウォーリア使用。無論ハードモードである。

まず最初の相手はフリオ。
ウォーリア「気持ちだけで勝てはしない!」
…同じコスモスのくせにひどい喧嘩腰だな…。
さていきなり操作に慣れないのだか、まずあおいきばやソードスラストの練習。バウンスバックラーが一番使いやすいかもしれぬ。ジタンのような突進型の技からタイムラグなしのコンボを繋げることができないので少し戸惑う。あおいきばも使えたが、反射が怖くてなかなか使えない。
逆にフリオのブリザドを弾いて攻撃。む?クロスオーバーは一発ずつのかっとばし技なのか?
たぶんシールドオブライトで粉砕。□技は空中のほうが使いやすい。

次、ジタン。「勝利を盗めると思うな!」かっこいいぞウォーリア!
で、こいつはこれではじめて戦う相手である。
予想はしていたが早い早い早い早い。なんだこいつむかつくぞ。素早い上に効果的なジャンプ、更に回避(×でなくてR×のほう)まで使ってくる。相当うざい。
しかもトランスされた。仕方ないので必死のガードで凌いだ。遠距離攻撃は来ないのでまだ救いようがあった。このゲーム、見切れば攻撃は受けない。
ただし、スクープアウトを弾いたので、よしと○で攻撃したら、元来の素早さと技の速度の差か、逆にコンボを食らったのは驚いた。
最後HP1で生き延びられ、かなりうざったかったが、敵のシフトブレイクを走ってかわしてコンボからフィニッシュ。強敵ではあるが、それでも勝てないことはない。だんだん慣れてきた。
……というかジタンはジャンプ多用・ほぼ近距離しか攻撃できないというキャラクターであるはずなのに、なぜ飛行可能・遠距離攻撃可能というキャラクターがあそこまで雑魚化しているのだろうか。

次はスコール。「真の力、知る覚悟はあるか?」
…年期が入っている。スコール若返ったからな。
ステージがクリスタルワールドなのでやりずらい。隙を見せたらさっそくコンボでブレイクされた。向こうのコンボが怖すぎる。攻撃力が高いというか、もっていかれるブレイブが多い。
やはりウォーリアはどちらかといえばカウンターを狙ったほうがいいらしい。敵の攻撃を弾いて追撃を続けブレイク、更にデジョンに突き落としてブレイブ削ってまたブレイク。一撃でHPすべて削って勝利。1635ダメージ一撃必殺。これは快感だ。

最後…ガーランドのほうが好きなのでガーランドが来てくれたら嬉しいが、しかし「クジャは本当に雑魚なのか」を確かめるならクジャに来てもらわねば困る。
正直カオスなら誰でもいいと思いながらロードがあけた。
…見事クジャがきた。空気の読み方が素晴らしい。
クジャ「光を受け月は輝きを増すのさ…」
…思いっきり光を与えてやろうか?ドMの月が輝くぞ?
最早自分の頭の中ではクジャがS言M動キャラになっている。戦闘開始。
光の輪を4発ほど飛ばしてきたので、その1発目から2発目にかけてしっかり反射。あれはなんの魔法だろうか。自分の魔法食らって怯んだクジャに突っ込んでコンボを…
入れようとしたらジタンのように素早く回り込めず、3発目食らってこっちもよろけた。二人揃って怯むのはなかなかシュール。
クジャが魔法打ちながら飛び離れたので、今度は弾かず、柱を駆け上がって魔法を避けながら追いかけ(それにしても命中しないなクジャの魔法……)、コンボ突入。
そのまま追撃しようとしたら、ステージの柱に邪魔され失敗した。まずいと思ったのも束の間というか、クジャがそのまま背中から床に叩きつけられたから本気でびっくりした。受身を取れず壁に突っ込むのはスコールなんかがよくやっているが、床は初めて見た。…壁に激突するとそのまま崩れてくるからまだいいが、床に叩きつけられるとその反動ではねるというか、とにかく壁より隙が大きい。あと非常に痛そうなんだが、というか、受身取れよおまえ。「うぐぅっ!」って、おい、大丈夫か。
よろけつつ起き上がるクジャ、また敵の魔法を反射してコンボ・追撃のパターンに持ち込めば嵌められるかと思ったら、なんとそのまま突っ込んできた。完全に予想外の事態にタイミングを逃して初めて攻撃を食らう。ほぼゼロ距離からの連射魔法。…おまえ本当に遠距離攻撃を得意とするキャラクターなのか?

クジャ「ハハハハ!踊ろう、もっと!!」

そしてこれはうざい。正直イラッとくる。
吹っ飛ばされたウォーリアにクジャが追撃に来たのでもちろん綺麗に避け、逆にクロスオーバーで吹っ飛ばす。……回避もできないのか?それとも自分の運が対クジャ戦だけ異様に良いのか?
また床に背中から突っ込んだクジャ。うわ、大丈夫か?…なんだか弱いもの虐めみたいで嫌なんだが、いや、まじで受身くらい取れよ、おまえ……。
倒れたクジャのすぐ傍からソードスラスト、ブレイク、追撃、シールドオブライトでさあフィニッシュだと思ったその瞬間、初めて回避来た。
回避!!回避来た!!

クジャ「おやおや……うぐっ……ぐっ、うぐぁっ」

…回避できるならちゃんと全部回避するほうがいいと思うぞ?たぶん回避ボイスが「おやおや…」だったのだろうが、さっさと攻撃したおかげで最後まで聞けなかった。結局直後にレディアントソードでフィニッシュ。
……なんだこの罪悪感……。カオスというか、悪役というか、悪い強いやつ倒したとは思えないこの後味の悪さはなんだ……。


よ、よし、ここまで打ち込んだらそろそろ夕飯を取って、ディシディアのレポートをまとめて、明日に備えて早く寝るべきだな。
とりあえず夕飯。

JUGEMテーマ:ゲーム

うわあああああ

携帯の充電残り1。
…よく頑張ったほうだわが携帯。待ち受けがジタンの技。
もうすぐ試遊でウォーリアだが、レポを更新できるのは帰宅後になるかもしれんな…。

…あとそれから、え、えーと、クジャさんの名誉のために言っておきますが、このブログの記事はあくまで自分の体感によるものです。自分は正直、クジャさん致命的に弱すぎというか雑魚いというかなにこのどうしようもない可哀想なキャラ?という印象を受けましたがそれはあくまでも自分の主観であります!!ジタンでなく他のキャラで戦ったら、クジャさんも、つ、つ、強いかもしれないし!…ぶっちゃけ想像できないが。しかし、ほら、その。

…ごめんなさい…全部読むと可哀想になるようなネタキャラ一直線の書き方してごめんなさい…っ!

クローズドメモ

クローズドディシディアレポ、というかメモ。ディシディアのみ。


最初はプレリュード、曇天に光がさしてウォーリアが顔を上げる。地が割れ、炎の中からセフィロスが。
…手首と腰に鎖ついてないか?途中でぶち切ったのが揺れているような。

フリオとマティ戦
マティ「幻想を棄て、私の支配を受け入れるべきだ!」
フリオ「〜未来を信じ今を貫く!」
かっこいいぞマティー!!というか普通に強いのだな。
更に戦闘画面。

マティ「秩序を司る神コスモスか…果たして信じるに値する存在かな?」
スコ・フリ「なにっ!?」
二人の後ろにいたガーランド「コスモスとカオスは永遠に争う定め。(おまえたちに安らぎの時はこない。)救いもなく、未来もない」
二人の…後ろの…岩の上?にいたクジャ「所詮君達は、神々の遊戯の駒なのさ」
突然現れたミシア「(おまえたちにもじきわかる。)コスモスの正体は終わりなき死闘を楽しむ死神であることを」
↑以下カオス総出で言葉攻め。全員非常に楽しそうで、特にクジャとミシアがすっげぇイイ笑顔。すばらしい笑顔。ただし()内はメモしきれずニュアンスのみ。マティとクジャの台詞はあっているはず。
ところで台本作ったの誰だ。絶対カオスの誰かがこの台詞考えただろう事前に。こういうときだけチームワークいいぞカオス!

ミシア対スコール戦闘画面。ミシアがスコールの時を止めて「愚かな…」、ジャンプ画像のあのシーン。ミシア強そうだ戦いたい。スコールがなにか言っていたがメモ失敗。

座ってしゃべるふたり
フリオ「大切なものがやっとわかったんだ」
ジタン「おまえが欲しいものってなんだ?女の子か?」
フリオ(立ち上がりながら)「のばら」

のばらああああああ!!!!
ここのせりふのばらの外はうろ覚え。せりふ回るの早いメモできない

ウォーリア「宿命はここで終わる!」
ガーランド「ならば終わらせてみせよ!」

かっこいいガーランドかっこいい。大剣鎖でぶんまわした。

で、さっきの言葉攻めシーンの続きか?「真の絶望に立ち向かうとき答えを導くだろう」とか言って大乱闘。ティーダ参戦。ジタンがティーダの足にしっぽを絡め、ティーダがけりとばす勢いのまま突っ込んでいく。VJのジタンプリ。あの背後には実はティーダが。
コスモスとカオス乱闘モード突入。クジャがアップで飛んで魔法連射。これも例のプリだ。こうしてみるとクジャも強…
…と思っていたらクジャの魔法をティーダが全部走って避けるのだからなんだか本当に可哀想である。ひとりだけスコールと並んでやたらと台詞が少ないし。
セフィロスとスコールがガチバトル。かなりかっこいい。
ディシディアFF、forPSP、2008年発売。


ああ、所々確実に抜けているな。
あと戦闘画面でもムービーでもクジャ様はトテモかっこよくて強そうデス。実機とのこの差はなんだ。
もちろんガーランドも強そうデス。かっこいいデス。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM