スポンサーサイト

  • 2011.03.27 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


今日の予定 メモ

酸化還元復習
ハロゲンと楽しく遊ぶ
合成コンプリート率を100%にしてシーモア復活ENDを見る
エルムドアと一緒にデスタムーア最終形態の右手から戦う
戒律に全力で逆らう
雷の化身に挑戦
回転雷シャンデリアをジャンプとリフレクでしのげ
たまにはセフィロスに会いに行く
セフィロスと自分視点で遊ぶ
ペットの金魚を眺める
樽で海底に沈んでビビクジャ触手感電プレイスカッと決める
クジャにマサムネ

FF1

PSPの難易度なら4シーフも可能か。
魔法好きな自分としては白白黒黒をやりたいと思っていたはずなのに、最近4赤もやってみたい。しかしその場合どう考えても4赤のほうが楽に進む事が予想され心が揺れる。
現在戦赤白黒、PSP一周目。レヴァ発売の余波で間をおいた。大好きなガーランドにちなんでナイト→ジタン、赤→フライヤ、白→クジャ、黒→ビビの外道PT、しかしながらプラボカの辺りでクジャよりミコトのほうが適役だったと気付く。時既に遅し。進度、クラスチェンジしてクラーケンに会いに行く途中、間をおいたせいか迷いに迷って仕方がない。エーテル購入封印のせいで地力がない、クジャのMPを温存するため毎回本人もしくはフライヤかビビがアイテムヒールを…
しかしこれも難易度ぶっ壊れるため封印したい。封印したいのだが、クジャにガントレット使わせたかったり、ビビにライトアクス振り回して欲しかったりで葛藤。

PSPの音質は流石。ヘッドフォンで聞く街の音楽は神。いたストSPポでも感じたが、PSPにはヘッドフォンが欠かせない。
無意味に図鑑でガーランドやエキドナを開いては放置プレイする日々。

一日ゲームしたせいか頭痛。貧血も重なっていると推測、頭痛というより眼の疲労か。就寝を決意。

雷の女神戦 メモ

自分視点でラクシ―ヌと戦闘
今後の課題メモ
・開始直後視点を変え、後方へ走りつつタイミング合わせリフレクトガード
・分身二人を視界におさめつつ一人が消えるのを待ち、リフレクトガードを合わせる
・リアクションコマンド使用後視点が戻るため、敵にコンボを入れながらSELECT
・壁を背に戦う。視界が安定しないもしくは二人同時にとらえられぬ場合敵の声でタイミングをはかる

分身解除後、リフレクの届く範囲の間合いの把握が重要。セフィロス戦の時と同じ感覚で間合いを取ると離れすぎることがある。なまじセフィロスと自分視点で戦い過ぎたせいか間合いを離しがちな傾向あり。注意。

・リアクション後、通常通り三回コンボ→リフレクからコンボを決めたあとは、円形ステージにおいて90度の位置へ走り、分身時の衝撃に備える。自分視点でリフレクトガードの方向をあわせにくいためこれが重要
・敵の体力を確認、五人分身は無理せずリフレクトガード
・暗転からの連撃にはリフレクトガード。その次の対処が厳しいが視点の向き(つまり運)によってはタイミングをはかる材料がないため集中。周囲をまわる動きがとまったらリフレクコンボから攻撃…


ここで敵にロックオンできないため、攻撃を外し、直後の雷攻撃でやられるケースがほとんど。虚空にスラップを放つ画面が虚しい。レベルが低く、グロウアビリティもほとんどない現状では仕方ない事ではあるが。
この敵と戦うのは楽しい。

久々にセフィロスと自分視点で斬り合いたい。

FF12RW ゾディ様と戦闘

FF12レヴァナント・ウイング二回目のクリア。最後の戦いにアルテマを連れて行くとより感動的な絵になる。気がする。
エンディングはカイツが一番好きだ。自分はモンスターや幻獣とほのぼの親交を深める図が好きらしい。
そんな自分の中での唯一神は今のところブループリンとシーモアのコンビ。かつてシーモア自身が渇望し他者に強制した滅びを、自ら選ぼうとするブループリン、そしてそれを異界から遮るその主人。RWで味方幻獣としてプリンを呼び出したかった。次点ガーランドとカオス。クジャのカオスも可愛いがやはりここは1マス固定無限湧きエンカウントのインパクト。記憶の場所でカオスが通常エンカウントと同様のエフェクトで出現するのは、クジャが(無意識だろうがクリスタルの影響だろうが)ガーランドと全く同じことをしたがった為だと信じたい。
補足、更に言ってしまえばコーネリアを狙うガーランドよりセーラを狙うガーランドのほうが好きだ。バランス的にも、クジャをはるかに越えるテンションとしても。
所詮は懐古か。セフィロスよりケフカが、ガストよりガストラが好きな自分。しかし魚で復活するシドよりは宝条のほうが好きだ。

ちなみにこれはある種の現実逃避。その心は、戒律王に勝てない。
エルムドアの時も苦労したゾンビの無限湧きだが、あれは広範囲攻撃の無いぶんごり押し可能。戒律王の場合は高レベルドラゴンの前にレベル60前後のキャラが散っていく絶望。リングの空きは僅か。戒律王の他に、竜王バハムートを使役したい。
レベルを上げたくないのは本能なのか。

テスト代わりに。

自分のメモのために使うブログだから、見てもおもしろくないよ、たぶんね。
こんなところで言っても仕方ないかもしれないけど。

本日、と言っても日付上は昨日の事になるが、休日、日がなゲーム。
KHFM2、クリティカルレベル6データでラクシ―ヌに挑戦。敗北。一撃が致命傷だが、確実にリフレクトガードすれば問題はないと判明。戦闘の序盤に関してはある程度要領を得た。終盤からの攻撃回避不可。行動の分析を要す。
この場合伏せ字とするのが適切なのか迷ったが、以降も伏せることにする。自分以外に存在し得ない読み手に気を使うよりは、権力から身を守る方が有意義。

自分用メモ

【自分用記事】
ブログトップ画像変更用URLメモ
皇帝→http://img-cdn.jg.jugem.jp/5ad/498356/20101114_799435.png
CMK→http://img-cdn.jg.jugem.jp/5ad/498356/20110201_883841.png
セシ皇帝→http://img-cdn.jg.jugem.jp/5ad/498356/20110203_884946.png


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM